クレジットカード換金に関する4つのリスクとは?

HOME » 押さえておきたい注意点 » クレジットカード換金に関する4つのリスクとは?

クレジットカード換金に関する4つのリスクとは?

クレジットカードの枠を誰でも簡単に換金できるサービスが有名です。
重宝するサービスではあるのですが、サービスを利用する上で気をつけなければならないポイントがいくつかあります。
そこで今回は、クレジットカード換金の4つのリスクについて紹介したいと思います。

まず一つ目は、還元率のリスクについての説明です。
還元率というのはクレジットカード現金化をする際のキャッシュバック率のことを意味しています。
クレジットカードを使って注文した商品を業者が買い取るのですが、その時に返金される割合を還元率や換金率とあらわすのです。
当然還元率は高ければ高いほどリターンが大きく、利用者の損が少なくなるのですが、この還元率は選ぶ業者によって大きく開きがあるため、業者選びは入念に行わなければなりません。
1割違っただけで、現金化する金額によっては大きな金額になってしまいますので、妥協せずに一番お得な還元率を提供しているクレジットカード現金化業者を選ぶようにしましょう。

次の考えられるリスクは、借り過ぎによる債務超過リスクです。
一番危険なリスクなので、十分に気をつけなければならないポイントの一つでしょう。
クレジットカードの現金化は手軽に現金が手に入る手段ですので、お金を借りているという現実味がなかなかを湧きません。
ですから、しなくてもよい現金化をやって無駄にお金を使ってしまうようなケースだけは避ける必要があります。
クレジットカード現金化をする時は、返済するお金を考えた上で利用するように気をつけなければなりません。

さて次に考えられるリスクは、クレジットカードが利用停止になるというリスクです。
クレジットカードが利用停止になるのは、返済するお金を滞納した時か利用規約に反した行為をした時に考えられます。
利用規約に反した行為というのはクレジットカードを他人に貸したり、ショッピング枠を使って直接現金を購入するような違法行為をしてしまった時が利用停止の対象になります。
そういうケースに当てはまることがないようクレジットカード会社の利用規約をよく読んで、安全に現金化業者も利用するようにしましょう。