クレジットカードの換金ができない人はいるの?

HOME » 押さえておきたい注意点 » クレジットカードの換金ができない人はいるの?

クレジットカードの換金ができない人はいるの?

クレジットカード枠の換金は、キャッシングと違い厳しい審査がありませんので基本的には、サービスを利用できない人はいません。
ただ例外もありますので今回、クレジットカード枠の換金ができない人とはどういう人なのかを解説したいと思います。

一番換金を断られるパターンとしては、自分のクレジットカードを提示してないケースです。
家族もしくは他人のクレジットカードを現金化業者に提示した場合、ショッピング枠の換金は断られてしまいます。
クレジットカード会社自体も、他人のクレジットカードを使うことを禁止しています。
これは家族であっても禁止されている行為ですので、利用規約に触れてカードを止められてしまわないよう気をつけなければなりません。

次は、住所不定の人です。
住所不定ということは、身分証を提示できない人のことを意味しています。
クレジットカード現金化は古物商の業務になりますので、身元がはっきりしない人には現金化できない決まりになっているのです。
リサイクルショップなどに中古品を売りに行った人は経験があるかと思いますが、買い取りをしてもらおうとする時には身分証を提示しないといけません。
住所不定の人だと、住所を記載した身分証を持っていないということになりますので、リサイクルショップでも買い取りをしてくれません。
これは、盗難品の流通を防ぐための決まりです。

あと、携帯番号や自宅の番号などの連絡先が登録できない人は、現金化を拒否されてしまいます。
身元の証明がきちんとしていれば、例えその人が無職であっても、クレジットカードの換金は可能です。
キャッシングと違い、申込者が職業に就いているかどうかは問われません。
失業中の人でもクレジットカードさえあれば現金化ができるので、次の仕事が見つかるまでのつなぎとして現金化を利用するのは、アリの考え方だと思われます。
いざという時に現金をすぐに作れるというのは、とても助かるサービスではないでしょうか。