押さえておきたいクレジットカード換金の注意点

クレカ換金の注意点!現金化の支払い方法

クレジットカードの換金(現金化)は、申し込んでから即日にお金が振り込まれるので、本当にお金が必要な人にとって、とても便利なサービスでしょう。
現金化にはクレジットカードのショッピング枠を使うのですが、このような現金として引き下ろせない枠を高還元率でお得な換金をしてくれます。
今回は、そんなクレジットカードの換金のしくみと、現金化する時の支払方法について、詳しく解説したいと思います。

▼ 目次

支払われる方法を教えて

支払方法というのは、クレジットカード現金化業者から支払われる方法と、利用者側からの返済時の支払い方法の2つを知っておくと、実際のサービス利用の時に困りません。
まず、クレジットカード現金化を業者に申し込んだ時に支払われる方法なのですが、現金化申し込みの時に銀行口座を登録することになるので、手続きが完了したらその口座に現金が振り込まれる流れになります。
振込は申し込んだその日が基本で、早くて10分程度で振り込みが完了します。
ただし、土日祝日に申し込んでしまうと、月曜日まで反映されませんので注意が必要です。

審査について教えて

クレジットカード現金化業者に申し込んだ時には審査がありますが、キャッシングとは違いますのでそれほど厳しいものではなく、身分証と記載した個人情報、クレジットカードの名義人が一致しているかどうかを確認するだけとなります。
審査が終わればすぐに現金が振り込まれることになりますが、もしなかなか振り込まれない場合は業者のホームページに記載してある電話番号に連絡するといいでしょう。

お金の返済方法について教えて

次は、クレジットカード現金化で手に入れたお金の返済方法について、解説したいと思います。
クレジットカード現金化で手に入れたお金は、クレジットカード現金化業者から借りたものではありませんので、現金化をしてくれた業者に返済する必要はありません。
返済する相手は、現金化のときに利用したクレジットカードのカード会社です。

よくクレジットカード現金化業者のホームページを見ていると、リボ払いOKという表記をしている業者がありますが、これは現金化業者にリボ払いで返済するという意味ではなく、現金化した分は、クレジットカード会社にリボ払いで返済できるという意味になります。
クレジットカード会社に返済するのは、現金化した翌月の支払日に口座引き落としによって返済が行われます。
大体クレジットカードの返済を27日に設定されていることが多いのですが、返済がこの日を過ぎてしまうと、支払い遅延扱いになりますので注意が必要です。

27日が返済日であれば、前日の26日に銀行口座への入金を済ませておくようにしましょう。
返済をきちんとやっておけば、いつでも現金化サービスを使うことができます。
返済遅延をしてしまいクレジットカードが止まってしまうと、当然のことながらショッピング枠の現金化もできなくなりますので注意が必要です。

悪徳業者の存在について教えて

さて、そんなクレジットカードの換金ですが、悪徳業者の存在には気をつけなければなりません。
競合が多く、還元率が高いサービスを提供している正規業者がほとんどなのですが、 中には利用しない方がいい、怪しい業者もいるので注意が必要です。
そういう業者に関わらないようにするためには、優良なクレジットカード現金化業者を見分ける目を養わなければなりません。
色々な業者を比較してみて、信用できる業者を探し出すのです。
見分けるポイントとしては、現金化を申し込む前に、その業者の創業年月日を確認することです。

いつ創業したのかわからないような業者や、創業年月日が極端に短いできたばかりの業者に申し込むのは、控えた方がいいかもしれません。
できることなら3年から5年以上運営しているような業者を選んだ方が、安全だと思われます。
一定期間運営しているということは、利用者やリピーターがいるということになりますので、比較的安心して申し込むことができる業者だと言えるでしょう。
あとは、 還元率に関して虚偽の記載がないか口コミ評判をよく確認して利用することです。

口コミを見ていて、「この業者の還元率は嘘だ」とか「別途手数料取られてしまって、記載されている還元率が守られていない」「換金が極端に遅い」などといった評判のクレジットカード現金化業者とは取引しない方がいいでしょう。
競合がたくさんいますので、利用者にとってはより良いサービスを提供していて、高い還元率でクレジットカード枠を現金化してくれる業者を見つけやすい市場になっています。
特に還元率は十分に下調べをして、出来る限り高いところを選ばないと損をしてしまうことになるので、気をつけましょう。

クレジットカード現金化を初めてやる人は、まず少額から申し込んでみるといいです。
還元率は低くなりますが、その業者のサービスが信頼できるかどうかが分かります。
最初から高額を現金化するのは不安ですので、まずはお試しとしてめぼしい現金化業者を選んで、実際に現金化サービスを利用してみましょう。